News

クラフトビールに関するお知らせ、新製品情報、新規店オープン情報などの新着ニュースをお届けしています。
バルバラ アターブルニュース

ルミネ横浜7F「バルバラ アターブル」リニューアル!「クラフトビール×洋食×自家製パン」で女子におすすめ

ルミネ横浜7Fの「BARBARA a table(バルバラ アターブル)」が11月21日にリニューアルオープンしました。人気のランチライムのパンビュッフェはそのままに、ディナータイムには「クラフトビール×洋食×自家製パン」という女性に人気の組み合わせが楽しめる「ベーカリー&ビアレストラン」となっています。

お知らせ

LINEで商品選びと購入をサポートする「レコメンダーボット」からビアグラス向けに4体のボットが登場

LINEのトーク上で商品選びから購入まで買い物をサポートしてくれる自動チャットロボット「レコメンダーボットシリーズ」から、ビアグラス商品に特化したシリーズの第一弾として、自動チャットボットの「ビアグラヌス」「麦野ミホ」「高山柊二」「トニー河原」の4人のキャラクターが登場しました。

フィンランド ヘルシンキニュース

THE GATE HOTEL 雷門のフィンランド独立100周年記念ディナーコースでフィンランドのクラフトビールが楽しめる

THE GATE HOTEL 雷門 by HULICが2017年11月22日(水)より、フィンランド大使館後援のフィンランド独立100周年公式記念行事の一環でフィンランドの食材を使用した期間限定のディナーコースを販売します。その中で日本初上陸となるフィンランドのクラフトビールも提供されます。

「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2017ニュース

4年ぶりの限定醸造「馨和 KAGUA」の「Rouge Special Edition 2017」11月13日より販売中

Far Yeast Brewing株式会社が、クラフトビールブランド「馨和 KAGUA」の限定醸造「Rouge Special Edition 2017」(ルージュ スペシャルエディション 2017)を11月13日より販売開始しました。「馨和 KAGUA」Rouge Special Editionの販売は「馨和 KAGUA」Rouge Special Edition 2013以来、実に4年ぶりとなります。

⇒ニュースの記事一覧を見る

Columns

クラフトビールに関するコラムをお届けしています。
cheese craftbeerコラム

チーズ×クラフトビールで地味に痩せテク!できるクラフト美ア女の糖質制限晩酌スタイル

チーズとクラフトビール、どちらも女性に大人気!美味しくてしかも女性が綺麗になれる成分がたっぷりなんです!ここでは意外と知らないそれぞれの栄養成分と具体的な美容効果、そしてあわせていただくことで得られる女性にうれしい相乗効果をお教えします。

コラム

チェコにとってビールとは、フランスのチーズ的な位置づけである

My CRAFT BEER 編集部の平野です。先月、東ヨーロッパの内陸に位置する、チェコ共和国の首都であるプラハを訪問してきました。チェコは世界で最も親しまれているビールスタイルの1つであるピルスナーの発祥国です。そして、チェコがビール大国と言われる所以は、一人あたりのビールの消費量がなんと世界一だというのです!そんなビールの魅力あふれるプラハで、ビール事情を体験してきましたので、レポートしたいと思います。

ビールと魚コラム

ブルワリーの廃水で魚を養殖。ニューヨークで始まったサステナブルな異業種コラボ

ニューヨークのウェストフィールドにあるクラフトビールブルワリーのFive & 20 Craft Spirits and Brewingが、養殖スタートアップのTimberFish Technologiesと提携し、独自の養殖施設をオープンした。ブルワリーの蒸留時に出る廃水を活用して魚の餌を作り、魚を育てるという新たな取り組みだ。

ドルフィンインダストリー サマーオレンジIPAコラム

クラフトビール醸造体験記 ~常陸野ネストビール 手作りビール工房~

2017年2月某日。ライターである私、若松達彦が経営する鹿児島にあるクラフトビールBUGERS & CRAFT BEERS「ドルフィンインダストリー」において、創業10周年を記念するオリジナルクラフトビールを作るため、茨城県那珂市にある木内酒造・常陸野ネストビール「手作りビール工房」を訪れた。

コラム

生ハム×クラフトビールが演出するアラサー女子の甘やかで孤独な晩酌に潜む絶大な美容効果 ―全国アラサークラフトビア好きorクラフトビアデビュー予備軍の女性たちへ―

今お店でも、生ハムや燻製料理とクラフトビールのコラボを楽しめるビールバー、レストランやタップが増えています。生ハム×クラフトビールは今、地ビア女・クラフトビア女たちの注目を集めています。今回は、彼女たちを虜にしている生ハムとクラフトビールの秘密の相性についてお話しします。

チューリップ型グラス01コラム

悪魔のビールと香りを楽しめるチューリップ型グラス

今回ご紹介するのは『チューリップ型』と呼ばれるグラス。ぽてっとした丸みを帯びた外観です。こちらを製造する代表的メーカーは、『デュヴェル』というベルギーのビールメーカー。「悪魔」を意味するデュヴェルは、何故こんなに丸っこくてかわいらしいグラスを製造しているのでしょうか?

コラム

フルート型グラスでクラフトビール。美しい気泡が立ち上る女性的なグラス

クラフトビールをビアバーで注文すると、さまざまなグラスで提供されます。例えば居酒屋で「生中」を注文するとキンキンに冷えたジョッキで出されることもよくありますが、クラフトビールは各ビールの個性を味わう飲み方となるため、その特徴にあったグラスで提供されるといった具合です。今回はそんな数あるビアグラスの中でも気泡が美しく見れるグラス、「フルート型グラス」をご紹介します。

⇒コラムの一覧を見る