クラフトビールとは?

日本でも徐々に人気が高まりつつあるクラフトビールですが、普段からビールを飲む方の中にも「クラフトビールって何だろう?」と思われている方もまだまだ多いのではないでしょうか?そこで、ここではクラフトビールに関する基本的な知識についてご紹介したいと思います。

クラフトビールとは?

クラフトビールとは、一言で言えば「大手メーカーで大量生産されるビールとは一線を画し、ブルワー(ビール職人)が、香り、味、苦味、色、デザインに徹底的こだわり、1つ1つに時間と労力を惜しみなくかけて、丹念に造られた工芸品のようなこだわりビール」です。

ちなみに、クラフトビール大国アメリカでは、 クラフトビール業界団体のBrewers Association(ブルワーズ協会)が、アメリカンクラフトビールを下記のように明確に定義しています。

  • Small(小規模であること):年間製造量が600万バレル(約70万キロリットル)以下であること
  • Independent(独立していること):他社メーカーによってコントールされていないこと
  • Traditional(伝統的であること):伝統的若しくは革新的な醸造から作られるビールが、醸造されているビールの大半を占めていること

クラフトビールの楽しみ方

こだわりのビール職人によって造られたクラフトビールは、どのように楽しめば良いのでしょうか?

見慣れた黄金色から艶のある黒色のビールまで。口当たりが軽く飲みやすいものから、苦味を出したパンチのあるビールまで。アルコール度数の低いものもあれば、驚くほど高いビールまで。少量生産が可能にしたその多様さこそが、クラフトビールの醍醐味です。その一つ一つの違いを五感を存分に使って楽しんでみましょう。

視覚

光り輝く黄金色から漆のような美しい黒色まで、ビールの外観を楽しむことができます。また、ボルトや缶に入ったクラフトビールの場合は、パッケージにも注目してみてください。個性豊かなパッケージからオシャレなものまで、思わずパッケージでジャケ買いするのも楽しみの一つです。

嗅覚

鼻からアロマ(香り)を感じてみましょう。ホップの華やかな香りから、柑橘系のフルーツの香りやチョコレートのような甘い香りまで、今でには味わったことのない香りのビールに巡り合うことができます。

味覚

口に含んだ時のフレーバー(味)は、さっぱりとして飲みやすい味から、ホップが効いた苦味が強いものも、そして高級ブランデーのような芳醇な味わいがするものまで、その幅広さは同じビールとは思えません。

触覚

舌が触れた時の感触も口当たりの軽いものから、滑らかな感触のビールもあれば、少しピリッと感じるものもあります。

聴覚

ビールグラスにビールを注いだ時の音も楽しみの一つです。炭酸が弾けるように、ワインのようにしなやかに流れるように注がれるビールも。飲む前にその違いを感じるのもクラフトビールの楽しみの1つです。

まとめ

いかがでしょうか?ブルワー(醸造家)のこだわりに思いを馳せ、五感を存分に発揮して、肩肘張らずに気軽に楽しむのがクラフトビールです!1つ1つに特徴があるクラフトビール。ぜひ、自分のお好みのクラフトビールを見つけてみましょう!

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。
My CRAFTBEER 編集部

最新記事 by My CRAFTBEER 編集部 (全て見る)