アメリカのクラフトビール事情① 〜買い物しながらクラフトビール〜

クラフトビールを飲みながらショッピング

現在、ビール市場の20%をクラフトビールが占めるようになったクラフトビール大国アメリカには、現在4,000以上のブルワリーが存在しています。その数は年々増加しており、クラフトビールはアメリカ国民にとってもはや生活の一部になってきています。

そのアメリカでは、ショッピングをしながらクラフトビールが飲めるスーパーマーケットが存在しています。ミシガン州のwhole food marketsでは、店舗のリニューアルの際に、スーパーマーケット内にバーを設け、買い物に来た方にクラフトビールとワインを提供しています。

主にミシガン州のクラフトビールを提供しておりますが、時には輸入ビールも提供するなど、バラエティも豊富です。買い物客は、バーでビールを楽しむだけでなく、ショッピングセンター内で買ったグロサリーをバーに持ち込み、クラフトビールのつまみとして楽しむこともできます。毎日夕方にはハッピーアワーも開催されており、夕方の買い物の楽しみの一つとなっているようです。スーパーの責任者によると「クラフトビールを飲みながら、少しでもリラックスしてショッピングをしてもらいたい」とその目的を話しています。さすがアメリカです。ぜひ、アメリカに行かれた際には、クラフトビールを楽しめるスーパーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です