「まんパクin万博2017」大阪・万博記念公園で10月7日から8日間開催


イベント詳細


巨大フードフェス「まんパクin万博2017」が、大阪府吹田市の「万博記念公園」東の広場にて10月7日~10日、13日~16日の計8日間10:00~18:00まで開催されます。大阪でのまんパクは、今年で5回目となる今回はエリアを再編し、新たに「野菜」「揚げもん」「アジアン」「バル」という4つのエリアが登場し、11エリア約80店舗が出店します。入場料金は平日前売300円・当日400円、土日祝前売400円・当日500円に加え、公園入園料250円が必要です。

絶品グルメをおつまみにたのしめるクラフトビールは、日本最老舗地ビール蔵「サンクトガーレン」より4種類選べる飲み比べセット1,000円、ゴールデンエール500円、アップルシナモンエール500円、手作りソーセージと国産クラフトビールの専門店「Craft beer house molto!!」より箕面ビールとのコラボ醸造したオリジナルビールが600円から、また「東北応援うまいもの市」より東北クラフトビール(瓶)600円が登場するほか、誰もが知る有名ビールから普段なかなかお目にかかれない世界のレアビールまで網羅した人気ブース「世界のビールブース」が登場します。

クラフトビールの最高のペアリングになること間違いなしの絶品グルメは、音楽フェスで名物化している「フェス飯」や、MBSの人気グルメ番組「魔法のレストランR」プロデュースの店舗のほか、「まぐろや黒銀」による本まぐろ解体ショー、「Go Go パクチー」による豚の丸焼きなど目でも楽しめるグルメが楽しめます。

当日のみ再入場が可能なので、万博記念公園や近くの商業施設に立ち寄りがてら、絶品グルメをおつまみにクラフトビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。