富士桜高原麦酒・ミュンヘンラガーがWBA2017ワールドベスト・へレス ミュンヘナー受賞。併設レストランで1,000円飲み放題も開始

富士桜高原麦酒 ミュンヘンラガー

富士桜高原麦酒・ミュンヘンラガー

イギリスのパラグラフ・パブリッシング社が主催するビールの世界的コンペティション「ワールド・ビア・アワード2017」の結果が9月22日に公表され、富士観光開発株式会社のクラフトビール「ミュンヘンラガー」がワールドベスト・へレス ミュンヘナーを受賞しました。

その年の世界一のビールを決めるコンテストである「ワールド・ビア・アワード」には、今年36か国から史上最多の1,900以上もの銘柄がエントリーし、日本からも過去最多の118銘柄がエントリーしました。

ワールドベストを受賞した国産ビールは全部で4銘柄あったのですが、富士桜高原麦酒・ミュンヘンラガーは実は2015年にも受賞経験があり、今回で2回目の受賞となりました。

富士桜高原麦酒では、今回の受賞を記念し、同醸造所を併設するダイニングレストラン「シルバンズ」にて、11月11日(土)~11月19日(日)のディナータイム限定の「富士桜高原麦酒1,000円(税別)飲み放題」を開催します。飲み放題メニューは世界一に輝いた「ミュンヘンラガー」も対象となります。

ミュンヘンラガーは限定ビールのため、この時期は飲むことができませんが、今回は特別に追加醸造され、飲み放題メニューに加わります。ドイツのミュンヘンで親しまれているスタイル「へレス」をベースとしたビールで、ホップの苦みを比較的抑え、モルトフレーバーを前面に出している点に特徴があります。軽やかなモルトの香りとスムーズなのど越しで、ビールを普段飲まない層からの人気も高いビールだということですので、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

東京都出身。これまでダイエットアプリ、霊廟、ゲーム、民泊など幅広い業界にて商品紹介記事やノウハウ記事、プレスリリースなど豊富なライティング経験あり。Webライターとしての経験を活かし、My CRAFT BEERでは主にクラフトビールの新製品やイベントに関するニュース記事の執筆を担当しています。