サンクトガーレン、チョコビール4種を1月11日より発売。2018年限定フレーバービールも

神奈川県厚木市の有限会社サンクトガーレンが、2018年1月11日(木)よりチョコレート風味のビール、通称「チョコビール」を発売します。発売13年目となる「インペリアルチョコレートスタウト」をはじめ、100kgの杏仁を使用した2018年限定フレーバーチョコビール「杏仁チョコレートスタウト」など4種類が一斉に発売されます。

「チョコビール」と聞くとお菓子のチョコレートを使った甘いビールを想像するかもしれませんが、「チョコビール」はビールの原料だけでチョコレート風味を引き出したビールです。通常のビールに使うベース麦芽は約85度で焙煎するところ、チョコビールに使う麦芽は約160度の高温で焙煎します。そうすることで、ベース麦芽が焦げる寸前の状態になり、かじるとほろ苦いビターチョコのような風味がするのです。これはチョコレート麦芽と呼ばれ、ダークな茶色をしていることや、カカオのような香ばしい香りから「チョコビール」という名前が付けられています。

チョコビール2018 4種のラインナップ

サンクトガーレン チョコビール 4種

1.インペリアルチョコレートスタウト

サンクトガーレン インペリアルチョコレートスタウト

2006年より毎年、バレンタインシーズン限定で販売している「チョコビール」の代名詞的商品です。その昔ロシア皇帝に献上されたという「インペリアルスタウト」スタイルを踏襲し、通常黒ビールの2.5倍以上の原料を使用しているにも関わらず、1回の仕込みで通常ビールの半分程度しか量が出来ない、超特濃ビールです。アルコールは9%と高く、フルボディの赤ワインにも負けない飲み応えあるビールです。価格は330ml、600円(税抜)。ワインのように2年間熟成が可能です。

2.杏仁チョコレートスタウト

サンクトガーレン 杏仁チョコレートスタウト

杏仁豆腐の原料としてお馴染みの杏仁を使ったチョコビールです。日本で市販されている杏仁豆腐は杏仁と似た風味を持つアーモンドパウダーやエッセンスで代用されているものが少なくありませんが、このビールには本物の杏仁だけを使用。1回の仕込みで100kgもの杏仁を使っているので、甘い杏仁の風味を引き出しています。また、麦芽化していない麦を数種類使用することで、もっちり濃密な飲み口を表現。さらに乳糖でミルキーな風味をプラスしています。価格は330ml、500円(税抜)。2018年だけの限定フレーバーとなっています。

3.オレンジチョコレートスタウト

サンクトガーレン オレンジチョコレートスタウト

オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子「オランジェ」ような味わいのビールです。マーマレードの原料である 橙(だいだい)オレンジを皮ごと細かく刻み、長時間煮込んで風味を凝縮させ、それをビールのもとになる麦汁に合わせて発酵させました。 橙オレンジは、神奈川産のものを使用。オレンジの皮も実も丸ごと使用しているため、飲んだ後にマーマレードのような柑橘の皮の苦味が残ります。価格は330ml、500円(税抜)。フルーティで飲みやすい黒ビールです。

4.スイートバニラスタウト

サンクトガーレン スイートバニラスタウト

一流パティシエも使用するパプアニューギニア産のAグレードバニラを使用した濃厚な黒ビールです。エッセンスなどの人工物は添加していないため、自然なバニラの風味を味わうことができます。 飲み口は甘くまったりとしており、後口はまるでバニラチョコのような味わいです。日本最大級のビールの祭典「ジャパンビアフェスティバル」の来場者人気投票でも1位を獲得した評判のビールです。価格は330ml、429円(税抜)。通年販売していますが、1月11日からはバレンタインラベルで本数限定で販売します。

以上4種類のチョコビールはいずれも、サンクトガーレン取扱いのビアバーで樽生で楽しむことができます。また、2018年1月12日(金)から21日(日)まで東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京2018」のE55サンクトガーレンブースでも味わうことができ、ボトルで購入することもできます。

公式サイトのWebショップでも取り扱いがありますので、ビール好きな方への贈り物や甘いものが苦手な方へのバレンタインギフトにいかがでしょうか。

【商品ページ】チョコビール2018
【公式サイト】有限会社サンクトガーレン
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」