サンクトガーレン、「麦のワイン」2種を11月16日のボジョレー・ヌーボー解禁日に発売

サンクトガーレン「麦のワイン」2種

神奈川県厚木市のサンクトガーレン有限会社が、ワイン並みのアルコール度数でワインのように長期熟成するビール「麦のワイン」2種を2017年11月16日(木)のボジョレー・ヌーボーの解禁日に発売します。今度発売する2種は、大麦麦芽が主原料で悪魔を意味する商品名の「el Diablo 2017」(以下、エルディアブロ)と、小麦麦芽が主原料で天使を意味する商品名の「Un angel 2017」(以下、ウンアンヘル)です。各8,000本が限定販売されます。

サンクトガーレン「麦のワイン」2種 エルディアブロ ウンアンヘル

「麦のワイン」は、19世紀に寒冷でぶどう栽培ができなかったイギリスがフランスワインの人気に対抗して作った、大麦を主原料とするビール「バーレイワイン(Barley Wine)」がはじまりといわれ、その後、1980年代にバーレイワインを基にしてアメリカで、小麦麦芽が主原料のビール「ウィートワイン(Wheat Wine)」が生まれたといわれています。サンクトガーレンはバーレイワインを2006年より販売し、ウィートワインを2012年より販売しています。

ワインに匹敵する高いアルコール度数も特徴のひとつで、2種の「麦のワイン」のアルコール度数は10%と日本で一般に普及しているラガービールの約2倍です。原材料の麦芽を通常の2.5倍以上使用し、ホップ、水、ビール酵母も合わせ極限までアルコールを高めています。

ビールの苦味と香りのもとになるホップは、ウンアンヘルで2.8倍、エルディアブロでは6倍以上もの量を使用しているため、味わいの濃厚さや重厚な苦味、華やかな香りは別格です。出荷直後でもブランデーのような熟成感を感じることができ、ワインと同様に購入後、1年、2年と熟成させることでさらに深みのある味わいとなります。

サンクトガーレン 麦のワインデータ

2種類の麦のワインはそれぞれ1本あたり税込1,080円で販売されます。サンクトガーレンのオンラインショップで購入できるほか、高島屋(日本橋店、横浜店、大阪店)、東急百貨店本店、京王百貨店新宿店、伊勢丹松戸店、そごう大宮店などでも販売されます。ボジョレー・ヌーボーの季節でもビール派の方や飲み比べをしてみたい方は、麦のワインが醸し出す濃厚な味わいを体感してはいかがでしょうか。

【公式商品ページ】麦のワイン【el Diablo】
【公式商品ページ】小麦のワイン【Un angel】

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。
My CRAFTBEER 編集部

最新記事 by My CRAFTBEER 編集部 (全て見る)










サンクトガーレン「麦のワイン」2種