首都圏各地でビールイベント!東京ビアウィーク2017、5月27日開催

東京ビアウィーク実行委員会が「東京ビアウィーク2017」を5月27日より6月11日まで開催します。

「東京ビアウィーク」は、東京及び近郊都市の様々な店舗や団体が、自由なアイデアでビールを楽しむイベントをこの時期に集中的に企画・開催し、東京のビールシーンをより盛り上げるビールの祭典です。2014年より開催されており、昨今のクラフトビールへの関心の高まりを受け、年々規模が拡大しています。

4回目となる今年は会期を16日間に拡大し、5月27日より6月11日まで開催。「BEER JUNCTION」をテーマにアイデアあふれる多彩なビールやそれを生み出すつくり手、ビールと親和性の高い様々な文化やファン層が、期間中に集中的に交わる「合流地点」となり、新たな魅力の発見と、今後のさらなるビール文化の可能性の広がりへとつながることを目指し、期間中は東京および近郊都市の店舗・地域などでビールに関するイベントが続々開催されます。

そんな「東京ビアウィーク2017」のキックオフイベントが、様々な文化の最先端発信源である渋谷区・表参道「COMMUNE 2nd」「Farmer’s Market @ UNU」で行われます。両会場合わせてタップとボトルのビール約300銘柄が、日本国内、アメリカ、ベルギーなどビールメジャー国以外だけでなくオーストラリアやカナダなどからも集結し、「ホップ博士のホップセミナー(仮)」、「業界クロストーク(仮)」のほか、ライブパフォーマンスや落語、セミナーやトークショーなど、ビールの魅力や可能性が広がる多彩なイベントも予定されています。

東京ビアウィーク

そしてキックオフイベントを皮切りに、5月30日には代官山SPRING VALLEY BREWERY TOKYOにおいてトークショー「日本のビールはどこに向かうのか」。6月3日にお台場パレットタウン桟橋発着の「アメリカンビアクルーズ」。6月9日にリキッドルーム恵比寿2階TIMEOUT café & diner/KATAにて「ヨーロピアンビアナイト」など、首都圏各所で行われる数々の店舗イベントへとつながっていきます。

東京ビアウィーク実行委員会は東京ビアウィークを通して「日本におけるクラフトビール文化のさらなる浸透と成熟、さらに新たなビールの楽しみ方の創造」を目指して今後も活動していく見通しです。

【参照リリース】首都圏各地で多数のイベントに出会える、ビール各社・各団体・飲食店をあげてのビールの祭典 東京ビアウィーク2017開催!(第4回)
【公式サイト】東京ビアウィーク 2017

(My CRAFT BEER 編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。