DHC、柑橘系の余韻と爽快なキレ味をたのしめる「セッションIPA」を発売

DHCセッションIPA

DHCビールの新ラインナップ「DHCセッションIPA」が小売りでは3月16日に発売、通販では4月7日に販売を開始します。

同商品は、人気のアメリカンアロマホップ「シトラ」「モザイク」「HBC431」の3種を贅沢に使用し、柑橘系の香りと冴えたキレ味が特長のIPA。後味が爽やかで、ほのかな苦みが肉の脂っこさを洗い流してくれるため、脂ののった肉料理やスパイシーな料理との相性が抜群です。ディナービールとして日常使いしたくなる一品です。

DHCビールは、富士山の伏流水を100%使用したプレミアムなクラフトビールです。酵母は、ドイツやアメリカなどの酵母BANKから厳選したものを輸入し、培養・醸造を自社で行っています。

原材料は麦芽、ホップ、大麦。アルコール度数は4.5%。350ml缶で希望小売価格は361円(税込)。DHC公式オンラインショップほかで購入できます。

【販売ページ】DHC公式オンラインショップ

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






DHCセッションIPA