さっぽろ大通ビアガーデン、7月19日から8月14日の期間毎日開催!サッポロ、アサヒなど全6会場で販売

札幌

札幌の大通公園にて、7月19日(金)から8月14日(水)の期間毎日、「さっぽろ大通ビアガーデン2019」が開催されています。

大通公園の5丁目~8丁目、10丁目、11丁目を、各ビール会社がずらりと占拠します。5丁目会場には「サントリー ザ・プレミアム・モルツ ガーデン」、6丁目会場には「ASAHI SUPER DRY BEER PARK」、7丁目会場には「キリン 一番搾り ビアガーデン」、8丁目会場には「THE サッポロビヤガーデン」、そして10丁目会場には「世界のビール広場」、11丁目会場には「札幌ドイツ村」が開設されます。

サントリーの目玉は「神泡」と呼ばれているプレミアムモルツの泡アートを楽しめるビール。神泡カウンター限定でいただけますので、サントリーがある会場に行ったらぜひ立ち寄ってみてください!地下鉄大通駅出口徒歩1分の好立地で、今年も全天候型、席間ゆったりで、予約可能です。

涼しい木陰で楽しめるのはアサヒの会場。やはり人気は、氷点下の「スーパードライエクストラコールド」。暑い夏にはキンキンに冷えた泡を体感したいですね。ほかにも、厚真町の特産品である「ハスカップ」を使用した樽生ビール「ハスカップエール」を数量限定で販売。白石区にある札幌市内唯一の大型ビール工場で製造された樽生を堪能できます。

キリンビールでは、なんと6リットルのタワーピッチャーを楽しめます。こだわりのフードとともに楽しんでみてください!ちなみに、名水百選を源流にもつ水で仕込んだ「一番搾り」を味わえるのは北海道千歳工場産だけです。

THE サッポロビヤガーデン

そして、北海道といえばサッポロビール!北海道限定ビールや、会場でしか飲めないビールに加え、道産食材メニューを用意しています。これぞ、北海道をまるごと体感できるビヤガーデンです。大通ビヤガーデン唯一の全天候型大型テントで、ウッドデッキのテラス席もあります。テントでもテラスでも立ち飲みでも楽しめます!

また「世界のビール広場」では、ハイネケンやカールスバーグ、ピルスナー・ウルケル、ブルームーンの外国ビール4種とサッポロクラシック、ほかにも世界各国の瓶ビールを味わえます。「札幌ドイツ村」では、札幌の姉妹都市ドイツ・ミュンヘンで行われる世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」公式ブリュワリーの樽生ビールを堪能できます。

営業時間は、5丁目~8丁目と11丁目が12:00~21:00(L.O.20:45)。10丁目だけ17:00~21:00(土日祝16:00~、L.O.20:45)となっています。

札幌の夏の風物詩ともいえる「さっぽろ大通ビアガーデン」。地元の方はもちろん、観光でも訪れる価値のあるビッグイベントです。仕事帰りや仲間やご家族と、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【ウェブサイト】さっぽろ大通ビアガーデン

(My CRAFT BEER編集部 明田川 蘭)







札幌