サンクトガーレン、フルーツビール「湘南ゴールド」を春夏限定販売

サンクトガーレンは4月14日、神奈川産オレンジ「湘南ゴールド」を使ったフルーツビール「湘南ゴールド」を9月末までの春夏限定で販売します。瑞々しくジューシーな風味が口中に広がり、後味には柑橘の皮特有のマーマレードのような苦味を感じる一品です。

同商品は2008年より春夏限定で製造。2009年からはJリーグ湘南ベルマーレの「ベルマーレビール」として採用され、ホーム戦時の名物グルメとなっています。「インターナショナル・ビアカップ」のフルーツビール部門では発売初年より10年連続入賞。2011年には英国の「ワールド・ビア・アワード」フレーバーエール部門でアジアベストを受賞しています。

「湘南ゴールド」は神奈川県が12年の月日をかけて育成したオリジナル柑橘です。皮がレモンのように黄色で、中身はオレンジ。他の柑橘類を圧倒する華やかな香りを持っています。同商品ではオレンジ「湘南ゴールド」の訳あり品を有効活用。皮も実も丸ごと果実を使用しています。

サンクトガーレン 湘南ゴールド

原材料は麦芽とホップ。IBUは18でアルコール度数は5%。内容量は330mlで希望小売価格は460円(税別)。サンクトガーレンオンラインショップ、日本橋髙島屋などの百貨店お酒売場ほかで販売予定です。

【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる