TAG 鳥取県にあるクラフトビールブルワリー

ブルワリー

タルマーリー

タルマーリーのクラフトビールは、鳥取県智頭町那岐の天然水だけを使い、​純粋培養のイーストを使わず、野生酵母のみで醸造しています。主原料の麦芽やホップは外国産、副材料の大麦や蜂蜜、フルーツなどはなるべく近隣で採れる食材を使用しています。ホップと野生酵母による発酵の甘い薫りが特徴のタルマーリー定番のクラフトビール「ペールセゾン」と主に、併設のカフェで、常時5種類のグラスビールを提供しています。

ブルワリー

大山Gビール

大山Gビールを醸造する大山ブルワリーは、鳥取県国立公園大山のふもと標高300mに位置します。大山の伏流水を使って、ビールと地酒を作り続けています。季節限定ビール「大山ゴールド」に使用されているのは、「ダイセンゴールド」という鳥取県が開発した大山固有の二条大麦です。レストラン兼醸造所である「ビアホフガンバリウス」のすぐ隣には、大山Gビールのホップ畑があります。究極の地産地消ビールです。