DREAMBEER、体験型ストア「b8ta Tokyo – Yurakucho」にて期間限定で試飲サービスを実施

DREAMBEER

会員制ビール配送サービスのDREAMBEER(ドリームビア)は、体験型ストア「b8ta Tokyo – Yurakucho」にて、ユーザー向けに10月1日より試飲サービスを開始した。

同店では、DREAMBEER家庭用本格ビールサーバーで南信州ビール「インディアペールエール」と宮島ビール「宮島ヴァイツェン」の試飲ができる。「インディアペールエール」はホップの使用量が通常の4倍で苦みが効いている。「宮島ヴァイツェン」は口当たりがなめらかなフルーティーな白ビール。対照的な両ビールだが、どちらもクラフトビールらしい味わいとなっている。

b8taは2015年に体験型ストアを米サンフランシスコ近郊のパロアルトでオープン。「リテールを通じて人々に”新たな発見”をもたらす(Retail Designed for Discovery.)」をミッションとして掲げており、日本では2店舗、世界で約20店舗を展開している。

試飲サービスは10月30日まで。

【参照ページ】DREAMBEER
【関連ページ】ドリームビア(DREAMBEER)の料金プラン、評判・口コミ、購入・会員登録・申込方法、参加ブルワリー・銘柄の一覧まとめ
【関連ページ】南信州ビール
【関連ページ】宮島ビール

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。
DREAMBEER