富士桜高原麦酒、大量ホップを使用したクラフトビール「小麦とホップの誘惑」発売

富士桜高原麦酒は5月25日、季節限定のクラフトビール「小麦とホップの誘惑」を発売します。昨年は樽販売のみでしたが、今回はボトル販売も行います。

同商品では、同社史上最大量のホップを使用。同社のヴァイツェンに大量ホップをドライホッピングしたので、ホッピーでジューシーな苦みを生み出しました。スタイルはニューイングランドヴァイツェンです。

パッケージは薄茶色をベースに小麦とホップをデザインしたものになっています。

IBUは32でアルコール度数は5.0%。内容量は330ml瓶で、希望小売価格は1本480円(税別)。樽は5月22日に先行発売しています。

【参照ページ】【季節限定ビール】富士桜高原麦酒史上最大量のホップを使用したクラフトビール 「小麦とホップの誘惑」発売
【関連ページ】富士桜高原麦酒

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる