川崎のクラフトビール職人による直売会イベント「川崎クラフトビアマルシェ -ビアマル2021-」6月4日から9日まで開催

神奈川県川崎市で6月4日から9日まで、川崎のクラフトビール職人による直売会イベント「川崎クラフトビアマルシェ -ビアマル2021-」が開催される。

同イベントでは、川崎市内で活躍している醸造家の技とプライドを感じられるクラフトビールが集結。英国スタイルを追求し女性にも飲みやすいビールがコンセプトの鍵屋醸造所、ハーブやスパイスの香り豊かで個性的なビールを醸造する東海道ビール、アメリカのクラフトビアカルチャー強く受けたビールのTK Brewingと、バラエティ豊かなビールを同時に楽しめるイベントとなっている。

ほかにも、サッカーJリーグ・川崎フロンターレの限定ビールや川崎に販売所を持つクラフトビール、おつまみにピッタリの元住吉の人気店「量り売り専門店バルクフーズ」のナッツも登場する。

各種ビールは700円からボトル販売。3本セットは通常価格2,100円のところ2,000円で購入できる。会場はマルイファミリー溝口B1階食遊館。

【参照ページ】川崎クラフトビアマルシェ -ビアマル2021- | Facebook
【関連ページ】TKBrewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる