スプリングバレーブルワリー東京にて、すだち香る限定ビール「Sudachi Ace Gose」販売中

スプリングバレーブルワリー株式会社は、7月16日より、代官山にあるスプリングバレーブルワリー東京にて「Sudachi Ace Gose」を数量限定で提供しています。

商品名でもある「Gose(ゴーゼ)」とは、ドイツの伝統的なビアスタイルの一つで、塩やコリアンダーを用い、乳酸発酵で造った苦味が少なく酸味と塩味の効いたすっきりとした香味が特長です。

現在では、フルーツやスパイスを原料に用いるなど、さまざまなアレンジを加えた「ゴーゼ」スタイルの商品が世界中で楽しまれており、「Sudachi Ace Gose」にも、すだちとかぼす果汁が使用されています。他にも、塩麹や米麹が入っているため、コリアンダーシードと発酵由来のスパイシーな香りに、優しい塩味がプラスされ、個性的でありながらすっきりと飲める味覚に仕上がっています。

「Sudachi Ace Gose」は、ポートランドに拠点を構え、北米クラフトビールの最新トレンドを発信し続けるクラフトブルワリー「WIDMER BROTHERS BREWING」とのコラボレーションで生まれた商品です。

Sudachi Ace Gose

今年4月にポートランドで実施された「Fuji to Hood」という11組の日本とポートランドにある醸造所のコラボビールを限定的に販売するビアフェスで、スプリングバレーブルワリーとコラボしたことがきっかけで今回の商品企画に至りました。

「WIDMER BROTHERS BREWING」は、1984年にウィドマー兄弟が自宅で趣味として醸造していたビールを本格的に造ろうとのことで設立された、オレゴン州ポートランドのブルワリーです。小麦麦芽を使用し、酵母を濾過しない白く濁ったドイツの伝統的なビアスタイル「ヘーフェヴァイツェン」を主に、数々の賞を獲得している実力のあるビールを数々世に輩出しています。

クラフトビール好きはもちろん、そうでない方も友人やカップルで、夏にふさわしいさっぱりとした味わいを感じられる「Sudachi Ace Gose」を味わいに、スプリングバレーブルワリー東京に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【店舗ページ】スプリングバレーブルワリー東京

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」