沼津市にあるクラフトビールブルワリー

ビールコラム

【ビールのクラファン】沼津リパブリューが自然エネルギーで醸造に挑む「地球ビール」、豪雨で知った異常気象

静岡県沼津市の人気ブルワリーRePuBrew(リパブリュー)は2022年春、ビール醸造に使う電力の大部分を太陽光発電でまかなう新工場を静岡県三島市に設立します。RePuBrewはなぜ持続可能なエネルギーを使ったビール造りに取り組むのか?ヘッドブルワーであり会社代表でもある畑翔麻さんにお聞きしました。

ブルワリー

サムライサーファービール

サムライサーファービールは沼津のおいしい水で造っているクラフトビールです。タイプの異なる3種類のビールは全て原料を贅沢に使用し、モルトの深い味わいを楽しめるよう原料、製法にこだわって造られています。サムライサーファービールレッドは、一般のビールに比べ、原料の麦芽を通常の1.5倍以上使用し、ピルスナーをはじめ計7種類の麦芽、3種類のホップを独自にブレンドしたビールです。また、原材料は麦芽、ホップのみを使用しており、味は濃厚かつフルーティに仕上がっています。

ブルワリー

BAIRD BREWING

ベアード・ブルーイングは、2000年に沼津に設立し、2014年春に伊豆・修善寺へブルワリーを移転しました。すべてのベアードビールは、無ろ過で、樽や瓶の中で二次発酵し熟成されている自然発泡のビールです。ホップのスパイシーでフルーティーなアロマを生かすために、煮沸の最後の段階で麦汁に豊富な量の生ホップを投入、また、最大の特徴である「ドライ・ホッピング」と呼ばれる伝統的な製法を取り入れ、熟成中のビールにも生ホップを投入しています。