全国地ビールフェスティバル in 一関 2019、8月23日から25日まで開催。北は網走から南は石垣島まで約70ブルワリーのビールが集結!

岩手県一関市の「一関文化センター前広場」にて、8月23日(金)から25日(日)の3日間、「全国地ビールフェスティバル in 一関」が開催されます。

今年22回目となる本イベントは、北は北海道の網走から南は沖縄の石垣島まで、たくさんのビールを楽しめるだけでなく、ブルワーとも触れ合えるイベントです。

出店するブルワリーは、北海道「のぼりべつ地ビール」や「網走ビール」、岩手県「さくらブルワリー」や「銀河高原ビール」、「いわて蔵ビール」、秋田県「秋田あくらビール」、栃木県「うしとらブルワリー」、東京「Far Yeast Brewing」、神奈川県「サンクトガーレン」、新潟県「エチゴビール」、長野県「志賀高原ビール」、大阪「道頓堀麦酒」、愛媛県「道後ビール 」、大分県「ゆふいんビール」、沖縄県「ヘリオスクラフトビール」など、全国約70ものブルワリーが集結します。

ビールに合うフードも充実。テントの下で座りながら楽しむもよし、いろいろなビールやフードを食べ飲み歩きしても楽しめます。

チケットは、地ビール・おつまみ共通チケット制。前売り、当日券の販売もあります。開催日時は23日(金)の15:00から20:00まで、24日(土)の11:00から20:00まで、25日(日)の11:00から18:00までです。開催地の一関文化センター前広場は、JR一ノ関駅から徒歩約5分です。

まだまだ暑い日もあるなか、全国の地ビールを飲み、汗を吹き飛ばしに、ぜひ家族や友人と遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

【公式ページ】全国地ビールフェスティバル in 一関

(My CRAFT BEER編集部 明田川 蘭)