サンクトガーレン、フルーツビール「パイナップルエール」を夏季限定発売

パイナップルエール

サンクトガーレンは4月23日、ゴールデンパイン600kgを使用したフルーツビール「パイナップルエール」を9月末までの夏季限定で発売した。

同商品のベースビールはBrut IPA(ブリュットアイピーエー)スタイルを採用。1回の仕込みに約600㎏のゴールデンパインをビールが発酵する前の麦汁に投入している。果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、ジューシーなパイナップル風味と華やかなホップの風味を感じられるビールになっている。夏らしいさわやかさを感じさせる一品だ。

使用しているゴールデンパインはデルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたもの。デルモンテでは果実にストレスを与えない手切りラインが中心となっており、果汁も香りもロスのない果実をビールに使うことが出来る。

原材料は麦芽とホップで副原料にパイナップル。アルコール度数は5%でIBUは21。330ml瓶で希望小売価格は506円(税込)。サンクトガーレン公式オンラインショップ、横浜髙島屋、そごう横浜店ほかで購入できる。

【販売ページ】サンクトガーレン公式オンラインショップ
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






パイナップルエール