COEDOBREWERY THE RESTAURANT & COEDOKIOSK、1周年限定醸造記念ビール「The 1st」の提供を開始

COEDOは7月22日、「COEDO BREWERY THE RESTAURANT」と「COEDOKIOSK」の1周年限定醸造記念ビール「The 1st」の提供を開始した。

同商品は、Yakima Chief Hopsが開発したホップの最新品種・Cryo Popのみをぜいたくに使用したニューイングランドIPA。オーツ麦由来の滑らかな口当たり、Cryo Popのジューシーな果実味、トロピカルフルーツを彷彿とさせる華やかなホップアロマを存分に感じられ、心地よい苦みがありつつも飲みやすい一杯となっている。

「COEDOBREWERYTHERESTAURANT」は醸造所併設のレストラン。作り立てのビールをはじめ、全てのCOEDOビールを樽生で楽しめる。現代のタバコ屋を彷彿とさせる佇まいの「COEDOKIOSK」は、COEDO定番のラインナップとともに、作り立てのビールをその場でテイクアウトできる。

原材料は麦芽、ホップ、イースト。アルコール度数は5.5%。「COEDOBREWERY THE RESTAURANT」と「COEDOKIOSK」で購入できる。

【参照ページ】COEDOBREWERY THE RESTAURANT & COEDOKIOSKが1周年 限定醸造記念ビールを提供します。 | COEDO
【関連ページ】COEDO

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる