Far Yeast Brewing、桃の花と果実を使った「Far Yeast Peach Flower Weiß」を発売

Far Yeast Brewingは6月4日、桃の花と果実を使った限定醸造ビール「Far Yeast Peach Flower Weiß」を一般発売する。5月18日からはオンラインストアにて予約販売を開始している。

同商品はFruited Weissスタイル。ホップはフローラルなアロマが特徴の最新品種「Talus(タラス)」と、ストーンフルーツのフレーバーを持つ「El Dorado(エルドラド)」を使用。鼻からはフローラルな香りを感じ、さらにフルーティーな味わいも楽しめる、ぜいたくな仕上がりとなっている。

「山梨応援プロジェクト」第5弾で、同じ山梨県内にある「八ヶ岳ブルワリー」とのコラボ商品でもある同商品。今年の4月には、同社源流醸造所スタッフが八ヶ岳ブルワリーのメンバーとともにピーチ専科ヤマシタの桃畑を訪れ、桃の摘花と受粉の作業の手伝いをした。摘花した桃の花を譲り受け、今回の仕込みに使用している。

原材料は桃、麦芽、ホップ、糖類、桃の花。アルコール度数は5.7%。仕様は350ml缶、15L樽でオープン価格。Far Yeast Brewing公式オンラインストアほかで購入できる。

【参照ページ】「山梨応援プロジェクト」第5弾 Far Yeast Brewing × 八ヶ岳ブルワリー コラボ 山梨市産桃の花と果実をふんだんに使った 「Far Yeast Peach Flower Weiß」6月4日(金)発売 | Far Yeast Brewing
【参照ページ】Far Yeast Brewing公式オンラインストア
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる