ロコビア、4社と共同で国際女性デー特別醸造ビールをセット販売

ロコビアは4月24日、2020年3月に開催された国際イベントPink Boots Collaboration Brew Dayに参加した4社と共同して、特別醸造したビール5種をセットにした「Pink Boots Collaboration Brew Day 2020首都圏コラボセット」を数量限定で販売します。

同イベントは米国でビール業界に携わる女性団体Pink Boots Societyが地位向上を目指して呼びかけている取り組み。毎年3月8日の国際女性デーに合わせて世界中で同時にビールを醸造し、その売り上げの一部を奨学金などの教育目的に使用します。女性オーナー醸造所である同社は第一回より参加しています。

4月中に全ビールを集めたお披露目イベントを開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベント開催の見込みが立たないことから、オリジナルのボトルセットを販売することになりました。セットになっているビールは、全て「Pink Boots Blend」ホップを使用したミルクセーキIPAスタイルのビールですが、各社がベリー類やココナッツ、桜葉などのオリジナリティ溢れる材料を加えることで、それぞれ特徴ある味わいを楽しむことができます。

アウトサイダーブルーイング(山梨・甲府)からは「OUTSIDER PINK BOOTS IPA」、クラフトロック(東京・日本橋)からは「Dairy Queen」、さかづきブルーイング(東京・北千住)からは「桜霞(さくらがすみ)」、スナークリキッドワークス(東京・西池袋)からは「PBSCB Blood Fruit Milkshake IPA」、ロコビア(千葉・佐倉)からは「Coconut Milk IPA」。330mlビンが6本のセットで「Coconut Milk IPA」のみ2本封入されています。

【関連ページ】ロコビア

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる