箕面ビール、シーズナルビール「GODFATHER9」を発売

箕面ビールは12月10日、シーズナルビール「GODFATHER9 ~GINGER&LEMON~」を発売しました。箕面ビールの生みの親でもある大下正司前社長にちなんだビールで、今年で9回目の発売となります。

同商品は、前社長の”常に何事にもチャレンジする”精神を形にするべく、毎年新しいレシピで前社長のルーツやイメージをビールに取り込んだ自由なビール。毎年前社長の出身地、小豆島から愛情こもった新鮮な農産物を届けられています。今年はジンジャー(新生姜)とグリーンレモン。この2種を使ってビールを作りました。

GODFATHER9
引用:GODFATHER9販売日のお知らせ | 箕面ビール

ビールのベースは淡色のエールに5種類のアメリカンホップを使用。生姜は仕込みの段階で加え、熱を加えて生姜エキスを抽出しています。スパイシーな香りと少し刺激のあるフレーバーです。レモンは手絞りで果汁にし、フレッシュな搾りたてを発酵に使用しています。

原材料は麦芽、生姜、ホップ、レモン。アルコール度数は6%でIBUは45。価格は420円(税抜)。箕面ビール公式オンラインショップでは12月10日、WAREHOUSEでは12月11日に販売を開始します。

【参照ページ】GODFATHER9販売日のお知らせ | 箕面ビール
【販売ページ】箕面ビール公式オンラインショップ
【関連ページ】箕面ビール

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。