富士桜高原麦酒、シングルホップで醸造した新限定クラフトビール「ホップの宝石」を販売

富士桜高原麦酒は11月6日、新たに醸造した限定クラフトビール「ホップの宝石」の発売しました。柑橘系やトロピカルな香りにグレープフルーツの皮のような苦みが特徴のビールです。

スタイルは、ニューイングランドヴァイツェン。ホップには富士桜高原麦酒では初めてとなる「アイダホ7」をふんだんに使い、シングルホップで醸造されています。

商品名は、アイダホ州の愛称が「宝石の州」と言われているところから名付けられました。ラベルは宝石を入れ込んだデザインとなっています。

原材料は、麦芽とホップ。アルコール度数は5.0%でIBUは40。330ml瓶で希望小売価格は480円(税別)。販売は富士桜高原麦酒公式オンラインショップほか。

【参照ページ】【新限定ビール】「アイダホ7」を初使用!シングルホップで醸造したクラフトビール「ホップの宝石」新登場! | 富士桜高原麦酒
【関連ページ】富士桜高原麦酒

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる