六甲ビール、11月より3種の缶ビール「いきがり生」「BAYALE(ベイエール)」「カシス」を正式販売

いきがり生・BAYALE(ベイエール)・カシス

六甲ビール醸造所は11月より、男性に人気の「いきがり生」、フラッグシップの「BAYALE(ベイエール)」、女性に人気の「カシス」の缶ビール3種類の正式販売を開始します。

六甲ビール醸造所は2018年に新工場を設立。その際に、缶の自動充填機を導入しました。同規模の事業者では全国でも例が少なく、工場出荷後直後の缶は樽から飲むビールを凌ぐ品質となっています。

「いきがり生」はキレと苦味が特徴で麦芽を100%使用した飲みごたえがある辛口ビールです。そして「BAYALE(ベイエール)」は兵庫県産山田錦を特殊な方法で仕込みに使用。お米由来の芳醇な風味を醸し出す、すっきりとしたビールです。さらに「カシス」はヴァイツェンをベースにニュージーランド産のカシスをたっぷり使った、心地よい酸味が美味しいフルーツビールです。

「いきがり生」の原材料は麦芽とホップでアルコール度数は5%。350mlでメーカー希望小売価格は362円。「BAYALE(ベイエール)」の原材料は麦芽、ホップ、米で、アルコール度数は5%。350mlでメーカー希望小売価格は418円。「カシス」の原材料は麦芽、ホップ、カシスでアルコール度数は5%。350mlでメーカー希望小売価格は480円。

【関連ページ】六甲ビール
【ウェブサイト】神戸・六甲ビール

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






いきがり生・BAYALE(ベイエール)・カシス