サンクトガーレン、焼きリンゴ500個使用の飲むアップルパイビール「アップルシナモンエール」発売

アップルシナモンエール

サンクトガーレンは9月24日、500個の焼きリンゴを使ったアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を秋冬限定で販売しました。

同商品は、軽く焦がした麦芽・カラメルモルトを特徴的に使用した琥珀色のビール。カラメルソースのような甘く香ばしいカラメルモルトと焼きリンゴなどの副原料の風味が相まって、アップルパイのような味わいになっています。

リンゴは長野県伊那市の訳あり品を使用。1回の仕込みに約500個のリンゴを使っています。地元製パン店のオーブンを借りて1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。

原材料は麦芽とホップ。副原料はりんご、メイプルシュガー、シナモンです。IBUは18でアルコール度数は5.0%。内容量は330mlで希望小売価格は460円(税抜)。同社オンラインショップ、一部百貨店の酒売場などで購入できます。また、リンゴの部分がジャック・オ・ランタンになったハロウィン仕様ラベルのアップルシナモンエール ハロウィンバージョンも9月24日より同時発売します。

【販売ページ】アップルシナモンエール | 元祖地ビール屋【サンクトガーレン】
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






アップルシナモンエール