サンクトガーレン、フルーツビール「湘南ゴールド」を春夏限定販売

湘南ゴールド

サンクトガーレンは4月14日から9月末まで、神奈川産オレンジ・湘南ゴールドを使ったフルーツビール「湘南ゴールド」を春夏限定で販売する。

同商品は。グラスに注いだとき、口に含み鼻に抜けるとき、そして飲んだ後にオレンジの風味が香るビールだ。2008年より春夏限定で製造しており、2009年からはJリーグ湘南ベルマーレの「ベルマーレビール」として採用された後はホーム戦時の名物グルメとなっている。

神奈川産オレンジの湘南ゴールドは、神奈川県が12年の月日をかけて育成したオリジナル柑橘。レモンのような見た目でありながら、糖度が高くて甘く、華やかな香りも特長だ。同商品では、ビール職人が湘南ゴールドを自ら切り、皮も果汁も捨てる部分なく丸ごと使用している。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5%でIBUは18。330ml瓶で希望小売価格は506円(税込)。サンクトガーレン公式オンラインショップ、東急百貨店 吉祥寺店、横浜そごう、京急百貨店、イオンリカー(一部店舗除く)ほかで購入できる。

【販売ページ】サンクトガーレン公式オンラインショップ
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






湘南ゴールド