「BREWBASE」とアパレルブランド「FREAK’S STORE」のコラボビール「FREAKS」のセカンドバッチが11月29日発売

FREAKS 2nd batch(NEW ENGLAND SESSION IPA)

“遊びのためのビール”を提案する「BREWBASE」とアパレルブランド「FREAK’S STORE」のコラボレーション企画ビール「FREAKS 2nd batch(NEW ENGLAND SESSION IPA)」が11月29日(金)に発売されます。今年8月10日(土)に発売された第1弾はASIA BEER CHAMPIONSHIP 2019 審査員特別賞を受賞。第1弾が好評につき、今回の発売にいたりました。

「ニューイングランドIPA」は、ホップの爽やかな苦味を効かせたウェストコーストIPAブームの後、アメリカ北東部で誕生しました。その濁った見た目の特徴から“HAZY IPA”とも呼ばれており、苦味の少ないフルーティな香りが特徴です。今回はアルコール度数を低めに抑え、フルーティで飲みやすいNEスタイルの“セッションIPA”に仕上げています。

そして、「BREWBASE」は個性的かつ高品質なビール作り、ライフスタイルと紐づけたプロモーションを行うコラボレーションビールブランドです。製造は常陸野ネストでお馴染みのクラフトビールブランドの老舗「木内酒造」が担当しています。「FREAK’S STORE」は1986年、「アメリカの豊かさを日本に届けたい」という思いから創業した、アメリカンカジュアルを提案するアパレルブランド&セレクトショップ。全国で40店舗以上を展開しています。

原材料は麦芽、麦、ホップ(一部に小麦を含む)。アルコール度数5%。仕様は350ml缶および15L樽。缶は木内酒造こだわりオンラインショップ、木内酒造万世橋店、常陸野ブルーイング水戸店のみの取り扱いです。

【販売ページ】木内酒造合資会社のオンラインショップ
【関連ページ】BREWBASEとFREAK’S STOREがコラボ!クラフトビール「FREAKS」発売

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






FREAKS 2nd batch(NEW ENGLAND SESSION IPA)