サッポロ、海外ビール事業拡大に向け「アンカー・ブリューイング・カンパニー」買収

サッポロホールディングス株式会社(以下:サッポロ)がアメリカのクラフトビールメーカーを買収したことを8月4日に各メディアが報じました。米国におけるビール事業の拡大を目指すということです。

今回サッポロが買収したのは、有力ブランド「アンカースチームビール」を有する、米国を代表するクラフトビールメーカーのアンカー・ブリューイング・カンパニー社(以下:アンカー社)です。地元サンフランシスコを中心に米国各地で120年にわたって多くの人に愛され、その売り上げはおよそ37億円、販売数量は275万ケースにも及びます。

サッポログループは創業150周年にあたる2026年をゴールとした長期経営ビジョン「SPEED150」の中で「世界に広がる『酒』『食』『飲』で個性かがやくブランドカンパニーを目指します」を掲げており、今回の提携を足掛かりにアンカー社を完全子会社化し、強いブランド力とネットワークを米国ビール事業の基盤にすることで、事業成長スピードを加速する狙いがあるということです。

国内におけるビール販売の利益についてサッポロによると2017年の1月から6月期の連結営業利益は前年同期比1.0%減の30億円で、ビール、発泡酒、新ジャンルが1%減でした。その一方で海外事業は北米でのビール販売などが好調で増益でした。安定した利益基盤を築くために海外事業やビール人気は欠かせないようです。

【参照ページ】サッポロ 米クラフトビールのメーカー買収
【参照リリース】米国アンカー・ブリューイング・カンパニー社の全持分を取得
【参照リリース】サッポロHD、米アンカー社の全持分取得へ 米国ビール事業強化

The following two tabs change content below.
My CRAFTBEER 編集部
My CRAFT BEERは、「クラフトビール」に関する国内・海外の情報をまとめた「クラフトビール」情報ポータルサイトです。クラフトビールに関するニュースやトレンド、ブルワリー、イベント情報などをお知らせします。