サッポロビール、たんぽぽを使った「HOPPIN’ GARAGE Dandelion」を数量限定で発売

HOPPIN' GARAGE Dandelion

サッポロビールは6月8日、「HOPPIN’ GARAGE Dandelion(ダンデライオン)」を数量限定で発売した。同商品は、4月からスタートした「ホッピンおじさんの新作定期便」の新作でもある。

「HOPPIN’ GARAGE」は魅力的な人々の人生ストーリーと同社の醸造技術を掛け合わせる「ストーリーブリューイング」で多様なビールを生み出し、今までにないビールの楽しみ方を提供するブランドだ。

同商品では、人生ストーリーの主人公(TAMAEさん)が昔読んだ本の微かな記憶から、ずっと脳裏に残っていた“金色に輝くたんぽぽみたいなお酒”をイメージ。原料にたんぽぽを使い、さわやかな苦味と草原を思わせる香りに仕上げた。

パッケージは小説に出てきたようなたんぽぽを表現するために、ページから飛び出しているたんぽぽと風に舞っている金色の花びらで、物語のさわやかな世界がそのまま商品になったようなデザインとしている。

原材料は麦芽、ホップ、ベニバナエキス、エルダーフラワー、ダンデライオン。アルコール度数は5%。350ml缶×24本で7,920円(送料込み・税込)。HOPPIN’ GARAGEストアやAmazonマーケットプレイスで購入できる。

【販売ページ】HOPPIN’ GARAGEストア
【販売ページ】Amazonマーケットプレイス(単品)
【販売ページ】Amazonマーケットプレイス(アソート)

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






HOPPIN' GARAGE Dandelion