サッポロビール、「HOPPIN’GARAGE 和musubi」を数量限定発売

HOPPIN' GARAGE 和musubi

サッポロビールは10月6日、おむすびに合うビール「HOPPIN’ GARAGE 和musubi(わむすび)」を、同社ネットショップ(Amazonマーケットプレイス)で数量限定発売します。2018年10月にスタートした「HOPPIN’GARAGE」の第7弾商品です。

「HOPPIN’GARAGE」は、一般消費者から募った斬新なアイデアをもとに極小ロットでビールをつくり、コミュニティ内のユーザー評価や市場性を踏まえて実際に商品化を目指すプロジェクト。すでに6つの試作品を缶商品として限定発売しています。

同商品は、「おむすびに合うビール」をテーマに掲げたビールテイスト。原料に秋田県羽後町産の米・あきたこまちを使用しており、隠し味に玄米茶の香りを加えています。

原材料は麦芽とホップと米。アルコール度数は5.0%。350ml缶×12本で3,980円(送料込み・税抜)。サッポロビールネットショップKANPAI+のほか、10月6日からは銀座ライオン新橋トレーニングセンター店で店頭販売する予定です。

【販売ページ】サッポロビールネットショップKANPAI+(Amazonマーケットプレイス)

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






HOPPIN' GARAGE 和musubi