threefeet、夏にぴったりの酸味を感じるクラフトビール「堕天狗の理想郷」をクラウドファンディングで先行販売

堕天狗の理想郷

threefeetは4月29日まで、クラウドファンディングプラットフォーム「きびだんご」にて「堕天狗の理想郷」を先行販売している。国内のブルワリーとコラボビールを造るプロジェクトの第3弾だ。

同商品は、「日本らしい酸っぱいビールを造りたい」という想いから生まれた。醸造は神奈川県開成町のクラフトビール醸造所「ガラパゴレーシング」にて行われる。

ガラパゴレーシングのフラッグシップビールであるセゾンをベースに、副原料の白麹由来の酸味を加えた、夏にぴったりのビールを表現する。また、アルコール感を少し高めに設定している。

原材料は麦芽、小麦、ホップ、酵母。アルコール度数は7%で330ml瓶。リターンは1,766円(税込)で2本、5,980円で6本(送料・税込)。

【ウェブページ】最終回!!ガラパゴレーシングとコラボ!クラフトビール業界を盛り上げるぞ#4 | きびだんご

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






堕天狗の理想郷