Far Yeast Brewing、コーヒーフレーバーを楽しめる「Off Trail #14 Cyclocross Mocha IPA」を発売

Off Trail #14 Cyclocross Mocha IPA

Far Yeast Brewingは7月29日、イノベーティブなビール造りに挑戦するブランド「Off Trail(オフトレイル)」の第14作目として「Off Trail Cyclocross Mocha IPA(シクロクロスモカアイピーエー)」を発売する。Far Yeast Brewing公式オンラインストアでは、7月20日に先行予約販売を開始している。

同商品では、ウィスキー樽で熟成させた東京IPAとワイン樽で熟成させたストロングエールをブレンド。ベースビールが持つホップ由来の柑橘系の香りはそのままに、樽熟成によるモルティさ、フルーティさ、酸味、ウッディで豊かなタンニンと、ほのかにキャラメルやウィスキーのような複雑な香りが加わった。

また、深みとバランスを加えるために、同社のコーヒービールで何度もコラボレーションしているサンフランシスコベイエリア生まれの自然派ロースタリー「BICYCLE COFFEE TOKYO」で特別にブレンドされた焙煎香の強いコーヒー豆と甘さを演出するカカオニブを追加した。そのため、コーヒーとチョコレートのアロマとフレーバーを楽しむことができる。

スタイルはBarrel Aged IPA and Strong Ale with Cacao Nibs and Coffee Beans。原材料は麦芽、ホップ、糖類、コーヒー豆、カカオニブ。アルコール度数は9.5%。仕様は750ml瓶、330ml瓶、10L樽でオープン価格。Far Yeast Brewing公式オンラインストアほかで購入できる。

【参照ページ】ホップ由来の柑橘香・コーヒーフレーバーの マリアージュと、樽熟成ならではの深い味わい 『Off Trail #14 Cyclocross Mocha IPA』 7月29日(木)発売 | Far Yeast Brewing
【販売ページ】Far Yeast Brewing公式オンラインストア
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






Off Trail #14 Cyclocross Mocha IPA