横浜・たまプラーザに50種のアメリカンクラフトビールを楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」がオープン

AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス

RYコーポレーションは11月25日、神奈川県横浜市にある東急たまプラーザ駅に位置する複合施設「ROOF125」にアメリカンクラフトビール専門店「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」をオープンしました。

同店では、根強い人気はあるものの輸入元が少ないアメリカンクラフトビールを常時50種類とアメリカンなカジュアルフードを販売。店内でも持ち帰りでも楽しめるBAR&STOREとなっています。アメリカンクラフトビール好きにはたまらないお店です。

店内では、アメリカンクラフトビールのドラフトビール(生ビール)を月替わりや日替わりで常時6種類をタップにて用意。小さなブルワリーが作るクラフト缶ビールも、ポートランドや西海岸のIPA(インディアペールエール)をメインに、常時50種類以上取りそろえています。

営業時間は11時から22時。席数は9席。年中無休。

【参照ページ】AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス(食べログ)

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス