Asian Bridge、Latticework BREWINGとのコラボビール「トノネコビール」を発売

トノネコビール

Asian Bridgeは、富山県高岡市の醸造所「Latticework BREWING」とのコラボビール「トノネコビール」の販売を開始しました。すっきりとした飲み口の辛口ビールです。

同商品は、金沢の醸造所「金澤麦酒」とタッグを組んだクラフトビール「ヒメネコビール」に続く第2弾です。今回は男性好みの味や香りを追求したインディアペールエール。ライムのような柑橘系のアロマに加え、ほんのりグラッシーな風味が口に広がった後にスッキリしたさわやかな苦みが続く、IPA好きにはたまらない一杯です。ラベルはマスコットのかわいい「トノネコ」が目を引きます。

アルコール度数は5.0%。トノネコ麦酒3本セットは2,000円(税込)、トノネコ麦酒6本セットは4,000円(税込)。トノネコ・ヒメネコ麦酒6本セットは4,000円(税込)です。北陸にしかない日本の本質を届けるオンライン販売サイト「NOTOteMA」にて購入できます。

【販売ページ】辛口派のビール新発売「トノネコ麦酒」
【販売サイト】NOTOteMA

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






トノネコビール