ANTCICADAと遠野醸造、コオロギを原料に使用したクラフトビール「コオロギビール」限定販売

昆虫食の魅力を探究する「ANTCICADA(アントシカダ)」と「遠野醸造」が共同開発したクラフトビール「コオロギビール/ Cricket Dark Ale」が3月15日から18日の間、渋谷パルコ「COMINGSOON」で限定販売されます。同商品は、コオロギを原材料に使用した世界初のビールです。

「コオロギビール/ Cricket Dark Ale」はフタホシコオロギとローストモルトを焙煎して麦汁に加え、コオロギの香りとうま味を引き出した同商品。コーヒー、カカオ、強く焦がしたキャラメル、カモミールのような香りが先行し、口に含むとスタウトらしい苦味とコク、旨みの余韻が長く続きます。使用するコオロギは「太陽グリーンエナジー株式会社」が室温・湿度管理を徹底した環境で、社食のロスで出る野菜などを餌に育てており、収穫後も、丁寧な洗浄と熱処理を加えているため、安心・安全です。

原材料はフタホシコオロギ(福島県産)、麦芽、ホップ、酵母。渋谷パルコ1階の「COMINGSOON」にて、3月15日(日)から18日(水)の10:00から23:00まで無料で入場できる「コオロギビール POP-UP STAND by ANTCICADA」で提供するほか、「遠野醸造 TAPROOM」で提供予定です。

【ウェブサイト】世界初のコオロギを使ったクラフトビール コオロギビール POP-UP STAND by ANTCICADA
【ウェブサイト】遠野醸造

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる