【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

東京・虎ノ門ヒルズにクラフトビール醸造所併設のブルワリーレストラン「dam brewery restaurant」がオープン

dam brewery restaurant

トランジットジェネラルオフィスは10月6日、東京・虎ノ門ヒルズに新業態のクラフトビール醸造所併設のブルワリーレストラン「dam brewery restaurant」をオープンする。空間は片山正通氏率いるWonderwallが担当し、醸造所の中で出来たてのビールを楽しむ“シズル感”をテーマにデザインした。

同社は虎ノ門が市民に命の水を供給し名所となっていたように、自家醸造のクラフトビールを通じて、人と人、人とシーンをつなぐにぎわいにあふれるブルワリーレストランを目指したいという意味合いを込めて、店名を命名したという。同店では、アウグスビールがトータルディレクションを行う。

提供予定のビールは3種。“毎日の新聞”という意味が込められたシグネチャービール「daily paper-Sasion-」は、セゾンスタイルを採用。季節毎にフレーバーを変え醸造した。軽やかでドライな口当たり、フルーティーな香りが特徴的でポップと麦芽の絶妙なバランスによりスパイシーな風味も楽しめる。「day light -IPA-」はグレープフルーツのような甘さでハーブ、シトラス系のさわやかな香りを最大限に引き立てた。「dawn brew -Brown Ale-」は東京・青山にあるロースターカフェ「Littele Darling Coffee Roasters」、徳島・上勝町にある醸造所「RISE&WIN」、「dam brewery restaurant」の3社のコラボレーションから生まれた。期間限定コーヒーブラウンエールで丁寧に焙煎されたコーヒー豆と麦芽の豊かな香りが最大の特徴。新しい一日の始まり(dawn=夜明け)をイメージした。

フードメニューはNYミシュラン3つ星店「Jean-Georges」で日本人初のスー・シェフとなり、現在完全紹介制レストラン「No Code」オーナーシェフの米澤文雄氏が監修。本場イギリスの定番おつまみフィッシュアンドチップスは4種類のディップソースを用意している。その他、カクテルやワインなど豊富なドリンクメニュー、クイックに提供できるスモールポーションの一品料理も提供。多種多様なシーンで利用できる。

場所は虎ノ門ヒルズ ステーションタワー地下2階。営業時間は月曜から土曜まで11時から23時まで。日曜祝日は11時から22時まで。定休日は施設に準ずる。

【参照ページ】dam brewery
【関連ページ】アウグスビール RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

よなよなの里