ビアフェス「けやきひろばビール祭り」とコラボの「ビアフェスコラボキャンペーン」をスタート

ビアフェスコラボキャンペーン

クラフトビール飲み比べサービス「ふたりのみ」を運営するmeuron株式会社は5月27日、コロナ禍で中止となった「けやきひろばビール祭り」とコラボレーションし、出店予定だったクラフトビールを届ける「ビアフェスコラボキャンペーン」を開始します。キャンペーン第1弾として、同イベントとのコラボ限定セットを販売しました。

今回販売されるセットは、ノースアイランドビール(北海道)の「コリアンダーホワイト」、志賀高原ビール(長野県)の「KASUMI(セッションIPA)」、南信州ビール(長野県)「駒ヶ岳エール」、サンクトガーレン(神奈川県)の「湘南ゴールド」、うしとらブルワリー(栃木県)「トロピカセブン」、京都醸造(京都府)の「毬子」の6種6本です。

「けやきひろばビール祭り」は、全国各地のブルワリーが出店する日本最大級のクラフトビールのクラフトビールの祭典。春は埼玉県・さいたまスーパーアリーナに隣接しているけやき広場、秋は屋内のコミュニティアリーナで年2回開催されています。2009年からスタートし、春は約75店舗・300種類以上、秋は約90店舗400種類以上のビールを提供。昨年秋のイベントでは約9万人が来場しました。

本キャンペーンの申し込み方法は、クラフトビール飲み比べサービス「ふたりのみ」に会員登録後、「定期配送プラン」「けやきひろばコラボセットプラン」のいずれかを購入。販売価格は6本セット3,980円(税別・送料込み)。「ふたりのみ」を初めて利用する人に限り、500円OFFの招待コードが付きます。

【申し込みサイト】ふたりのみ

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






ビアフェスコラボキャンペーン