【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

25周年の横浜ビールが新シリーズ「Brewers One Series」より2作、Brew by Numbersとのコラボビール「No,伍」をリリース

横浜ビール

今年で25周年を迎えた横浜ビールが2月10日、新シリーズ「Brewers One Series」より2作同時リリース。2月20日にはイギリスのブルワリー「Brew by Numbers」によるコラボビール「No,伍」が発売となる。

「Brewers One Series」は横浜ビールの醸造士一人ひとりにフォーカスし、それぞれが「今、探求したい一杯のビール」を醸造する新たな限定シリーズ。そのうちの一品、ヘッドブルワーの井田章一氏が担当した「酸実一体-Fruits Sour-」は酸味と果実感のバランスを追求した「黒い果実」を連想させるダークカラーのサワーエールに仕上がった。ブラックベリー、スモモなど色の濃いフルーツを思わせる味わいとなっている。

もう一品の「Laminar4 -West Coast IPA-」はヘッドブルワーの加藤和樹氏が2023年に醸造した「ストレートフローIPA」のレシピをブラッシュアップさせた一杯となっている。理想のトロピカルなアロマフレーバーを出し、グレープフルーツのような苦味を出すためにフレーバーを追求して4種のホップ(モザイク、エルドラド、アイダホ7、エクアノット)を使用。きれいな味わいのIPAに仕上がった。

「No,伍」はイングリッシュIPA。ネーミングは、どのビールも変わらずリスペクトを込めて醸造する思いで、各ビアスタイルに独自の番号を付けている「Brew by Numbers」に習い、彼らが持つIPAの数字・5から名付けた。

「酸実一体-Fruits Sour-」の原材料は麦芽、ホップ、酵母、乳糖、スモモピューレ、ブラックベリーピューレ、ブルーベリー。アルコール度数は5%でIBUは3。350ml缶2本入りBOXで2,200円(税込)。「Laminar4 -West Coast IPA-」の原材料は麦芽、ホップ、酵母。アルコール度数は7%でIBUは60。350ml缶2本入りBOXで2,200円(税込)。いずれも横浜ビール公式オンラインストアや各販売店にて購入できる。「No,伍」は各販売店に到着次第、順次発売。

【販売ページ】横浜ビール公式オンラインストア
【関連ページ】横浜ビール

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

よなよなの里