ヤッホーブルーイング、「軽井沢ビール クラフトザウルス ブリュットIPA」を新発売

ヤッホーブルーイングは4月14日、軽井沢エリア限定クラフトビール「軽井沢ビール クラフトザウルス」シリーズの季節限定商品「軽井沢ビール クラフトザウルス ブリュットIPA」を発売します。

同商品は、トロピカルフルーツのような香りが特長のブリュット・インディア・ペールエール。CRYO HOPS©を使用しているため、渋みや苦みを抑えた一品となっています。ホップアロマの余韻が長く続き、ドライな口当たりで清涼な後味を楽しめます。

「軽井沢ビール クラフトザウルス」は、2017年に誕生したブランド。「軽井沢をクラフトビールの街にしたい」という想いが込められ、“クラフトザウルス”という架空の生物をパッケージにデザインしているのが特徴です。2020年3月時点でシリーズ累計売上本数100万本を突破するほどの人気ブランドです。

原材料は大麦麦芽とホップ。アルコール度数は7.0%。容量は350mlで希望小売価格は315円(税抜)。缶製品の販売場所は軽井沢エリア内スーパー、コンビニ、お土産店です。

【参照ページ】「軽井沢ビール クラフトザウルス ブリュットIPA」新発売
【関連ページ】ヤッホーブルーイング

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる