桜を使ったクラフトビール「サンクトガーレン さくら」2月20日から4月中旬まで春限定で販売

サンクトガーレンは2月20日、本物の桜の花と葉で風味付けをしたビール「サンクトガーレン さくら」を4月中旬まで季節限定で販売します。

「サンクトガーレン さくら」は香りも味わいも桜餅風味のビールで、ホワイトデーのギフトや、お花見シーズンにぴったりです。

使用している桜は「天下第一の桜」と称され、「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠のもの。ビールの苦味と香りのもとになるホップの使用を抑え、桜の花と葉で風味付けをしています。桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込みに60kg使用しています。

また、通常のビールは大麦麦芽でつくりますが、このビールは柔らかい口当たりを出すために小麦麦芽を20%使用。さらに神奈川県海老名市の泉橋酒造で栽培された酒米 “楽風舞”もあわせて使用しています。米特有のふくよかな甘い風味をビールにプラスし、道明寺桜餅のような味わいになっています。

原材料は麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉)。アルコール度数5%。容量は330mlで460円(税別)。販売は公式ネットショップ、京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東急百貨店本店、伊勢丹立川店、イオンリカー一部店舗ほかを予定しています。

【販売サイト】サンクトガーレンさくら | 元祖地ビール屋【サンクトガーレン】
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる