COEDO、台湾のクラフトブルワリーSUNMAIとのコラボビール「囍雨-Kiu-」を特別醸造

囍雨-Kiu-

COEDOは8月25日、台湾のクラフトブルワリーSUNMAIとの特別醸造コラボレーションビール「囍雨-Kiu-」の出荷を数量限定で開始した。商品名は干ばつ状態にようやく降る恵みの雨という意味を持つ季語「喜雨(きう)」からとられた。

同商品はハーブアンドスパイスエール。台湾の山岳民族タイヤル族が古来より愛用している「馬告(マーガオ)」と、日本の焼酎作りに用いられることの多い白麹をビールに応用することで、馬告の柑橘やレモングラスのアロマと、白麹に含まれるクエン酸による爽やかな酸味が付与され、また抑えめのアルコール度数により暑い夏の乾いた喉にぴったりなエールに仕上がった。

台湾で人気のクラフトブルワリーSUNMAIと埼玉川越発のCOEDOは双方の技術的な発展を目指して、2019年11月にCOEDOのブルワー(醸造家)が訪台。SUNMAI BREWERYにて「サンショウカムクワットエール“金運福臨”」を醸造し、台湾の旧正月(2020年2月)に限定リリースした。この時の一部は日本でも輸入販売されている。

答礼醸造として、同年4月頃にSUNMAIのブルワーが来日し、COEDOブルワリーにて新たに醸造する予定だったが、COVID-19の影響により延期。その後、コロナ禍で移動の制限が継続するなか、リモートで打ち合わせを重ね、互いの知見とアイデアをもとにレシピを完成させた。

原材料は麦芽、ホップ、酵母、米麹、馬告。アルコール度数は4.5%でIBUは15.8。350ml缶で3本セット1,346円(税込)。酒販店、百貨店、COEDO公式オンラインショップで購入できる。

【販売ページ】COEDO公式オンラインショップ
【関連ページ】COEDO

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。
囍雨-Kiu-