Far Yeast Brewing、バレルエイジドゴールデンサワーエール「Off Trail Mango Supercolliider」を発売

Far Yeast Brewingは6月25日、バレルエイジドゴールデンサワーエール「Off Trail Mango Supercolliider」を一般発売する。公式オンラインストアでは6月8日より先行予約販売を開始している。

同商品のスタイルはBarrel Aged Sour Blonde Ale with Mangoes。ベースには、4種類のケトルサワーリングしたブロンドエールとブレタノマイセスをオーク樽で発酵させたものを使用。さらに150kgものマンゴーを使用して発酵させた。とろみのあるマンゴージュースのようなテクスチャーとフレーバーをしっかりと感じられ、樽熟成由来のブレタノマイセスの香りとクリーンな乳酸の味わいも楽しめる。

「Off Trail」は2019年11月に誕生したブランドだ。「しっかりと舗装された道路」から一線を画し“Off Trail”=「舗装されていない道」を突き進むイメージから命名された。複雑な香りを生成するために、樽でビールを熟成させるバレルエイジイングの手法によってビールを造っている。

原材料はマンゴー、麦芽、小麦麦芽、小麦、糖類、ホップ。アルコール度数は6.5%。仕様は750ml瓶、330ml瓶、10L樽でオープン価格。Far Yeast Brewing公式オンラインショップほかで購入できる。

【参照ページ】マンゴーを贅沢に150kg使用!暑い夏の日にピッタリなフルーツサワーエール Off Trail #13『Mango Supercollider』6月25日(金)発売 | Far Yeast Brewing
【販売ページ】Off Trail #13 “Mango Supercollider” 750mlボトル 1本
【関連ページ】Far Yeast Brewing

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる