富士桜高原麦酒、ホップ「トライアンフ」を使って醸造したNEヴァイツェン「勝利-TRIUMPH」発売

富士桜高原麦酒は12月4日、新限定ビール「勝利-TRIUMPH」を発売します。今回初めて使用するホップ「トライアンフ」のみをふんだんに使用し、醸造しています。

同商品は、「ニューイングランドヴァイツェン」というスタイルのクラフトビール。その味わいは、トロピカルな香りと柑橘系の苦み、モルトの風味と苦みのキレがよいのが特徴です。のどごしを楽しめそうですね。

名前の由来は、富士桜高原麦酒を製造・販売する富士観光開発がトップパートナーを務める山梨県女子サッカーリーグ1部「FCふじざくら」の“勝利”を願うことから。ラベルにはFCふじざくらのロゴをイメージさせるものを採用しています。また、売上の一部はFCふじざくらの強化費に充てられます。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は5%でIBUは40。330ml瓶4本セットで2,112円(税込)。富士桜高原麦酒公式オンラインショップほかで購入できます。

【参照ページ】【新限定ビール】新しいホップを使って醸造したNEヴァイツェン!「トライアンフ」発売! | 富士桜高原麦酒
【販売ページ】富士桜高原麦酒公式オンラインショップ
【関連ページ】富士桜高原麦酒

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる