【PR】【2/28 飲食店・事業者向け】「英語が苦手でも大丈夫!最速でインバウンド対応店舗にする方法」無料オンラインセミナー開催

アメリカのクラフトビール「グレートデーンブリューイング」が宮城県仙台に醸造所とレストランを開業

グレートデーンブリューイング

Great Dane Brewingは2024年1月19日、に宮城県仙台市秋保地区に、レストラン併設のクラフトビール醸造所をオープンする。同醸造所オープンに向けて11月にクラウドファンディングを実施したところ、開始わずか43時間で目標金額の500万円を達成したという。

ビールは「GREAT LAGER」と名付けた商品をフラッグシップとして打ち出し、最大16種類の出来立てを用意。80を超える席数を準備し、ビールを飲みながら、ビールと相性の良いつまみを食べて、ゆっくりと時間を過ごせるようにしている。

レストランで提供する料理は、アメリカを感じさせるものがほとんどだが、可能な限り地元宮城県産の食材を使用することで、「アメリカ✕宮城」というオリジナルテイストを表現。蔵王チーズの協力を得た「チーズカードのフライ」や石巻産のホヤを使った「ホヤチャウダー」などをそろえる。

Great Dane Brewingは、ビールの名産地として知られるアメリカのウィスコンシン州マディソンで1994年に創業した人気クラフトビールブランド。今回のオープンは初めての海外進出先となる。ブリューマスター(ビール醸造の総責任者)を担うロブ氏は、2012年には全米のナンバーワン醸造家(Brewer of the Year)に選出されたこともある第一級のビール職人で、開業にあたって仙台に移住したという。

同醸造所では、アメリカ人と日本人からなる混成チームが、二カ国のクラフトビール文化を融合させ、東北の地から新たなスタイルを提案していく。クラウドファンディングは12月31日までの予定で、現在は2ndゴールの800万円に向けて順調に支援額を増やしている。

【店舗ページ】Great Dane Brewing

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

よなよなの里