日硝実業、オリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」を新発売

日硝実業、オリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」

パッケージ資材から加工設備まで幅広いサポートを行う日硝実業株式会社は 330ml容量のオリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」(まいくろ330)を発売した。

人気のクラフトビール市場に向けて、トレンドを踏まえ工夫を施した同商品。首部のつけ根に設けたリングにより、商品に際立つ個性を付与した。また、長いストレートの首部は、ネックラベルなどの加飾がしやすく、商品の差別化がしやすくなっている。

ほかにも、胴部には小さな段差(リセス)を設け、ラベルキズを防止。首・肩・胴すべてのディテールにこだわり、今までにないスタイリッシュかつ印象的なデザインに仕上げた。さらに、ビール流通を考え、1 ケース 24 本入りでも宅配(チルド輸送)が可能な重量(15Kg)に収まるように、瓶の 軽量化などの工夫を凝らしている。

日硝実業、オリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」イメージ

「MICRo330 DC(茶)」イメージ

容量は330mlで重量は232g。胴径60mmで高さ220mm。ラベルは88mmまでが推奨。

日硝実業、オリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」仕様

【参照ページ】【つつむすび】【新商品】 クラフトビール用に!『MICRo330 DC(茶)』330mlビールびん: |ガラス瓶・容器の仕入れを簡単便利に

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。
日硝実業、オリジナルビール瓶「MICRo330 DC(茶)」