クラフトビールのサブスク「Otomoni」が「利きビールゲーム」を発売

利きビールゲーム

クラフトビールのサブスク「Otomoni(オトモニ)」を運営するmeuronは11月2日、新しい遊び「利きビールゲーム」を発売した。

ルールはシンプルで、ラベルに数字が書いてあるビールを飲み比べ、何番がどの銘柄かを当てるゲームとなっている。2人プレイを基本とし、2人から6人まで遊べるルールも収録しているため、柔軟に人数を変え、利きビールゲームができる。

中身のビールは「六甲ビール」のラインナップから厳選した6銘柄のうちのいずれか。それぞれのビールの特徴は銘柄カードに書いてあり、それを元に何番がどのカードの銘柄なのかを予想して当てるゲームとなっているため、飲んだことのない人でも楽しく遊べる。

販売期間は11月16日まで。対象年齢は20歳以上。価格は6,578円(税込、離島・沖縄県を除く送料込)。「Otomoni(オトモニ)」公式サイトにて購入できる。

【販売ページ】利きビールゲーム | Otomoni
【関連ページ】六甲ビール

The following two tabs change content below.

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。