いわて蔵ビール、桜の香り豊かなクラフトビール「桜嵐IPA~PinkTyhoon~」本数限定販売中

桜嵐IPA~PinkTyhoon~

いわて蔵ビールは、桜の香りがするビール「桜嵐IPA~PinkTyhoon~」を3月26日より2,000本限定でネットや酒販店で販売開始し、4月15日より追加で800本の予約を受け付けています。

2013年頃からクラフトビールの本場アメリカで、いわて蔵ビールの「ジャパニーズハーブエール山椒」が大人気となり、海外向け日本のクラフトビール第二弾として桜嵐IPAを開発。2017年9月、同ビールをロサンゼルス商談会に試験醸造ビールとして、現地の試飲会に出したところ、サンプルがすぐになくなるほど大盛況となり、桜の季節に合わせて商品化されました。

いわて蔵ビールは、常に麦芽を数種類使用して醸造するため、しっかりとした麦汁を作ります。さらに4種類のホップを使用することで、香り豊かな美味しいビールに仕上げます。アルコール度数は6%とちょい高め。アロマホップの利いたそのままでも美味しいベースビールとなっています。

桜嵐IPAは、そのベースビールに桜の葉を使用。桜の濃醇な甘い香りがする、春の季節にぴったりのビールです。見た目は美しいルビー色で、目で見ても楽しめるキャラメルエール。桜の葉により、泡までしっかり美味しくなっています。

今回1,600Lを仕込み、期間限定で飲食店向けに生樽で提供。また、330ml、518円(税込)、本数限定でネットや酒販店で販売しています。なくなり次第終了なのでお早めにお買い求めください!

【公式販売ページ】桜の香りの豊かなクラフトビール 桜嵐IPA~Pink Tyhoon~ 世嬉の一酒造

The following two tabs change content below.
明田川蘭

明田川蘭

出版社、外資IT会社を経て沖縄で2年弱を過ごし東京へ帰って来て、編集・ライターとして独立。大のお酒好き、旅好きで、旅に出かければ必ずやその土地の地ビールや日本酒などをいただく。好物は、「温泉に入った後のビール」「仕事で嫌なことがあった後のビール」「フェスでいただくビール」






桜嵐IPA~PinkTyhoon~