サンクトガーレン、アップルシナモンエールのクリスマス限定ラベルを12月末まで販売中

サンクトガーレン・アップルシナモンエール

サンクトガーレンは、500個の焼きリンゴを使用したアップルパイをイメージしたビール「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルを12月末までの期間限定で販売中です。ラベルにはサンタクロースが大きなカブならぬ大きなリンゴを引っ張るイラストとともに、「Merry Christmas」のメッセージを描いています。

アップルシナモンエールは“カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビール。“カラメルモルト”は通常のビールに使う麦芽(モルト)をトーストのように軽く焦がしたもので、そのまま食べてもカラメルのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらします。

パン屋で手作り

リンゴは長野県伊那市産の訳あり品を有効活用し、1回の仕込みに約500個のリンゴを使用します。地元の製パン店で焼くところから手作りです。

焼きリンゴ

原材料は麦芽、ホップ、りんご、シナモン、メープルシュガー。アルコール度数5%。IBUは18。内容量330mlで希望小売価格460円(税別)。サンクトガーレンのオンラインショップ、一部百貨店の酒売場ほかで購入できます。

【販売ページ】アップルシナモンエール クリスマスラベル | 元祖地ビール屋【サンクトガーレン】
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






サンクトガーレン・アップルシナモンエール