サンクトガーレン、限定ビール「父の日IPA」を発売

父の日IPA

サンクトガーレンは5月13日、父の日に向けた限定ビール「父の日IPA」を発売した。

同商品では、ホップ投入のタイミングを通常の麦汁煮沸中ではなく煮沸後に集中させた。そのため、ホップの苦味は軽やかでパイナップルや柑橘などのフルーツを思わせるホップアロマを凝縮したビールになっている。また、ビールの糖度をほぼゼロにし、ドライで爽快な飲み口に仕上げている。

強い苦味と香りを特徴としたIPAは、父の日の贈り物に適している。水色のラベルには、白抜きで強く大きく「父」の文字をかたどっている。

原材料は麦芽とホップ。アルコール度数は7%。330ml瓶で店頭希望小売価格は1本506円(税込)。サンクトガーレン公式オンラインショップ、東急百貨店 吉祥寺店・たまプラーザ店、横浜髙島屋、そごう横浜店・大宮店・広島店ほかで購入できる。

【販売ページ】サンクトガーレン公式オンラインショップ
【関連ページ】サンクトガーレン

The following two tabs change content below.
梶原誠司

梶原誠司

1975年生まれ。神奈川県横浜市出身。好きなビールは横浜スタジアムのベイスターズラガー。好きな野球チームは横浜DeNAベイスターズ。贔屓のチームが勝てば美酒。負ければほろ苦いビール。ビールが先なのか。野球が先なのか。正直、そんなことはどうでもいい。それくらい、球場で飲むビールが好き。

さとふる






父の日IPA